読書

やめる時間術 

久しぶりのブログです。

こんな自己満足なブログですが更新しない間もアクセスをいただいており、恐縮です。

少しずつですがリニューアルして、また再開したいと思っています!

早速ですが、世の中の共働きのみなさんに是非読んでもらいたい素敵な本に出会ったので、オススメさせていただきます。

ワーママの中ではカリスマ的存在のワーママはるさんの書籍です。

時間がないと常日頃悩んでいる自分にとって、欲しかった答え、知りたかった答えが書いてある本でした。

これまで、共働き、子育てをしながらの長時間労働で

なんでこんなに時間がないのか?

なんでこんなにイライラしてるのか?

自分て何のために頑張ってるんだっけ?

と漠然としたモヤモヤをかかえながら、解決の糸口を探して時間術の本をたくさん読んでいました。

しかし、なかなかしっくりくるものがない。

そんな中でこの本に書かれている言葉はひとつひとつが自分にグサグサ突き刺さり

これやー!探してた方法ってこんな感じだ!

と、ピーンときていました。

時間がない生活は自分がない生活

ワーママは、仕事、家事、育児とマルチタスクに追われ、ついつい自分をないがしろにして日々の業務をこなしています。

LIFE SHIFTを読んで、この先長く働くためにも働き方改革をせねば、と気付いた自分ですが、少し気を緩めるとすぐに仕事仕事になってしまい、自分をおろそかにしてしまっていました。

空
【マインドセット】LIFE SHIFT -100年時代の人生戦略- 人生観変わります。価値観やものの見方が大きく変わったおススメ本、 LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略 について書き記しておきます。 ...

思考停止で目の前の業務をただこなす。

思考停止すれば正直考えなくていいので、一時は楽に感じてしまうんですよね…いかんいかん。

自分の時間をどう使うかは、自分の人生をどう選択するか、につながるということを改めて考えさせられました。

特になるほどと思ったポイント

やりたくないことリストをつくる

巷ではやりたいことリストを作りましょう!

とかよく目にしていて、ネガティブなことは書かない方が良いのかな?と思っていたのですが、はるさんの発想はまさに目から鱗。

やりたくないことリストは限りある自分の時間でやめるべき、

または仕組みを変えるべきことであり

ポジティブワードに変換すると自分のやりたいことが見えてくるというのです。

例えば、

嫌いな人と会う

がやりたくないことリストだとすると、

好きな人とだけ会う

がやりたいことリストになり、

言語化することで、自分は苦手な人と会いたくないと感じている

苦手な人と会うのをストレスに感じている

無理して苦手な人と付き合うよりも、好きな人とだけ会えたらいいのに

ただ仕事ではそうもいかないから、その時間は上手に割り切ったりストレスかからない方法を考えよう

と、

やりたいことリストが見えてくるなーと思いました。(ここは私の自己解釈)

家事に応用すると、

最近わたしのやりたくないことは

食事の準備

なのですが、

言葉にしてみると私は料理が嫌というより、

帰宅してワンオペで時間に追われながらお腹がすいてぐずりケンカする子どもたちをなだめながらする食事の準備がストレスなことを発見しました。

やりたいことリストは

落ち着いて食事の準備をしたい

で、そのためにどんなことができるかな?と模索しています。

いっそ食事は外注する

など、自分1人での解決はちょっと難しいのかな、というところも見えてきます。

まずは自分時間の捻出のために、

やりたくないことリスト

を作るところから実践していきたいところです。

つきつめるとやはりエッセンシャル思考が重要だなぁ。

エッセンシャル
【マインドセット】エッセンシャル思考で生きる毎日、仕事、家事、育児で精一杯なのに、全てが中途半端になっているようで 何をやってもなんとなくうまくいかない… ここ数年、ず...