読書

タスク管理の方法論 Notionって便利そう

todo

世は超マルチタスク時代と言われる時代。

特に共働き、子育てをしながらフルタイム勤務をこなすうえでは、数々のタスクをこなさなくては生活が成り立ちません。

「タスク管理」の方法はたくさんあり、世の中には様々な方法論があふれています。

限られた時間の中で、やるべきこと、やりたいことをやるために、やらなくていいものを効率よく見定めて、生活していく必要があります。

先日読んだ、「あなたの24時間はどこへ消えるのか」で、

タスク管理の方法についてかなり具体的に解説されていて、いいなと思ったので記録しておきます。

タスク管理の4つの掟

著者のスワンさんが紹介していた、重要ポイント。

  • 仕事もプライベートも全タスクを同等に扱う
  • TO DOをグループで管理する
  • タスクは1週間単位で管理する
  • 毎朝、全ての作業時間を確保する

この中で、すっごく納得したポイントが

仕事もプライベートも全タスクを同等に扱う

という点。

仕事だろうと、プライベートだろうとそのタスクをこなすのは自分自身。

その通りすぎます。

これまで、to do リストは仕事プライベートを一緒に書きつつも、

どちらかというと仕事の部分を重点的に使用していましたが、

家庭、家事育児に関してもかなりのやることリストで占められている状況。

仕事のto doだけ作っていては、時間配分もしにくいですし、

何より家庭がまわりません。

こなすのは24時間しかない

こちらもごもっとも。

1日は24時間、誰に対しても平等です。

この時間をどのように使っていくかは、本当に自分次第。

睡眠時間はしっかり確保したいので、仕事以外の日は7時間は寝たい、と考えると

実質毎日使える時間は17時間。

ほとんど仕事の時間になっているため、

それ以外の時間で家庭のことや+αで仕事の業務をこなす必要があります。

タスク管理の方法

最近はずっとGoodnote5やマークスの手帳を利用していました。

手帳
【仕事にもプライベートにも使える!】Good Notes5活用法。日々のスケジュール管理やメモ、タスク管理を含め 自分の頭の中の情報整理のため、Good Notes5を使用を開始して1カ月半ほど経...
手帳
手帳術 マークスシステム手帳を使い倒す忙しくて手帳なんか書けない…。 少し前の自分はこんな状態でしたが、最近は手書きの手帳をほぼ毎日記録しています。 GoodNo...

どちらも一長一短でまだまだ試行錯誤しながらゆる~く使っている状況です。

そんな中、この本でNotionが紹介されていて、おもしろうそうだな、と思いちょっと手を出してみることに…。

Notionは本当に自由なWeb上のワークスペースとでもいうものでしょうか。

スワンさんのnoteでも解説されていましたが、とっても参考になりました。

weekly to doのフォーマットがとっても使いやすそうで、

テンプレートを参考にお試しで使用してみることにしました。

使い分け方法

最近は試行錯誤しつつも

  • 日々のTo do→手書きの手帳
  • 3行ポジティブ日記→手書きの手帳
  • イライラモヤモヤを吐き出し(闇ノート)→Good Notes5
  • 仕事の記録、勉強用→Good Notes5
  • 読書ノート→Good Notes5

という感じでどちらも使用していました。

やはり、同じ手書きでも紙に手書きするのとiPadに手書きするのは若干異なります。

日々のTo doの部分をNotionを利用し、PC、iPad、スマホでリンクさせながら使ってみようと考えています。

試行錯誤した結果はまた後日記事にしたいと思います。

まとめ

共働き、子育てをしながらフルタイム勤務を続け、そして超マルチタスク時代を生き抜くためにも、日々のTo doリストを上手に管理しながら

自分自身を見失わずに毎日を過ごすぞ!