家事

魔法の鍋、ホットクックのお手入れ!本体の焦げ付き&鍋の汚れを取る方法

鍋

ホットクックは、食事の準備を時短してくれる有能アイテムです!

料理
【共働き家事】ホットクックで時短調理!圧力鍋と比べてどう?とうとう我が家に、新しい家族を迎えました! それは…ヘルシオ ホットクック様! https://twitter.com/ob...
料理
【共働き家事時短術】ホットクックを使い倒し、無形資産積み上げ。毎日の食事の用意は避けては通れないものです。 超忙しい時は、コンビニで適当に買ったり…もしくは冷蔵庫にあるものを適当につまんで終了...

今回は、本体底の熱板の汚れ+鍋の汚れについて

落とし方をまとめました。

本体の熱板の汚れ→重曹+目が粗いスポンジ

鍋の汚れ→クエン酸+スポンジ

でなかなかキレイになりました。

本体熱板の汚れ

ホットクック

この、底の熱板の部分。

これがなかなか落ちにくくて、しかも本体は水でジャブジャブ洗ったりできないので半ば諦めていました。

熱板

ほぼ毎日稼働していて、3ケ月でこんな感じです。

これを落とすには、重曹+目の粗い編みタワシを使用するのがポイントのようです。

コレみたいな、目の粗いやつが良いみたいです。

これまで重曹+使い古しの歯磨きや、普通のスポンジなどでこすってみましたが落ちが悪かったのです。

確かに、目が粗いスポンジじゃないと焦げ付きは落ちないかも!

ということで、自宅にあったコチラ↓で重曹+水つけてゴシゴシ。

重曹ブラッシュ

でかなりきれいになりました。

Before

熱板

After

熱板

完璧ではないけれども、見違えます!!

普通のスポンジだと難しかったので、ポイントは目が粗いやつを使用することでした!!

鍋の汚れ

特にお肉系の料理など、こびりつきの汚れがなかなか取れないので取れない時は公式のお手入れ方法に従って、

重曹を使ってお手入れモードにしていました。

<こびりついた汚れを取れやすくする方法>

内鍋の「水位MAX」線まで水を入れた場合、1カップ弱の重曹を入れます。
お手入れ終了後、そのまま数時間放置し、柔らかいスポンジでこすると取れやすくなります。(加熱後の熱湯にはご注意ください)

しかしそれでも落ちない汚れもあり…。

カレー作った後とかはふつうに洗ってもこんな感じに。

鍋

で、重曹だけでなく、クエン酸を使うとよく落ちることがわかりました。

クエン酸大さじ3と水位マックスまでの水を入れてお手入れモードをスタート。

お手入れ

するとお手入れ完了後にこんな感じで汚れが浮き出てきています。

本体汚れ

残念ながら頑固な汚れはこれでも落ちないこともあり最後はスポンジで少しこすってみますと…

ひえーっとなるほど、汚れが浮き出てきます。水が茶色っぽくなってました。

汚れ

Before

内鍋

After

内鍋

めっちゃキレイになりました!

まとめ

やはり汚れを溜めると落とすのが大変になるため、

こまめにお手入れするのが結局は手間を減らす方策かなと思いました。

あまり汚れてないうちにまめに手入れすることが結局は時短になるのかなと最近では思っています。

まとめてやるより、即時処理。

ちなみに今回ご紹介した方法は公式の方法と少し異なるところもあるため試す際は自己責任でお願いします!

きれいに手入れするとますます愛着が湧きました!