家事

【共働き家事】ホットクックで時短調理!圧力鍋と比べてどう?

料理

とうとう我が家に、新しい家族を迎えました!

それは…ヘルシオ ホットクック様!

時短家事、効率化を追求していたのに、今まで持ってなくて本当に後悔しました。

今日はこれまで使用していた圧力鍋と比較しながらホットクックについてレビューしてみたいと思います。

ホットクック

ホットクックはSHARPの電気調理鍋です。

今回、KN-HW24Eという無線LAN搭載の最新機種、ホワイトをゲットしました。

白と赤だと、キッチンになじむのは白かな~ということで白を選択。

2.4Lだとデカすぎるという方には1.6Lもありました。


無線LAN機能はなくてもいいのか?と思ってましたが、

  • スマホアプリと連携できること
  • レシピを更新できること
  • さらに液晶の表示画面が文字表示で無線LAN非搭載モデルと比べて見やすい

以上の点がメリットかと思います。

圧力鍋 VS ホットクック

圧力鍋

これまで、時短調理器具として圧力鍋をフル稼働していました。

使っていたのは朝日軽金属のゼロ活力鍋

沸騰してオモリがふれたら、余熱調理がOKでとにかく早い。

例えばカレーなどは

  1. 材料を切って鍋に投入
  2. 加熱
  3. 沸騰してオモリがふれたら火を止める
  4. 余熱で調理(放置可)
  5. 内圧ピンが下がったら、蓋を開けてルーをいれてかきまぜて完成

 

という感じで、時間がかかっても30分もあれば野菜もお肉もホロホロで美味しいカレーが完成です。

本当に早いので、料理に時間をかけることが出来ない、共働き家庭にはマストアイテムだと思っていました。

しかし、デメリットも。

  • 加熱している間、側で見ていないといけない
  • カレールーなどの粘性が強いものは、圧力調理後に別に投入しないといけない
  • 洗う時にピンを別洗いしないといけない
  • 重い

 

ピンとか蓋のゴム部分の汚れを落とすのがやや面倒なのと、まぁまぁ重くて洗ったり片付けたりするときに片手では持てないです。

あとは圧がかかっている時は子供が触ったりすると危険なので、目を離せません。

それでもずっと使ってきたので、時短という点では本当に重宝していました。

美味しいですし。

ホットクック

しかし、ホットクックを導入するとどうでしょう。

同じカレーを作る工程を考えてみます。

  1. 材料を切ってカレールーも一緒にホットクックに投入
  2. ボタンを押す

 

これだけ?って感じです。

調理時間そのものは65分ぐらいですが、実際にやるのは材料を切って投入してボタンを押すところまでなので、10分ぐらいでしょうか。

しかも、作るときに「あとの加熱は任せてね」とか、「美味しく仕上げますね」とか、話しててなんかかわいい(笑)

とにかく簡単。

そして何より、目を離しても良い、台所にいなくて良い、なんなら外出してもOKというのが本当にありがたい。

セットすれば、お風呂も入れます。

https://twitter.com/obgy_joy/status/1270664020060549121?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Eembeddedtimeline%7Ctwterm%5Eprofile%3Aobgy_joy%7Ctwcon%5Etimelinechrome&ref_url=https%3A%2F%2Fobgy-joy.com%2F

予約調理も出来て、朝仕込めば帰ってくる頃にあったかくて美味しいごはんが出来ているってかなり幸せですよね。

味も家族にも好評!

そして地味にすごいなぁと思ったところは、ジャガイモとかがホクホクなのに煮崩れしていないこと。

圧力鍋は一気に加圧するので、ジャガイモとか難しくて、絶対煮崩れするんですよね。

しかし、もちろんホットクックにもデメリットもありました。

  • とにかく大きい、収納場所の確保が必要
  • お値段が高め
  • 調理時間が短いわけではない
  • 使いこなすのに時間がかかりそう

 

かなりの存在感があるので、台所が狭い場合は置く場所に困る可能性があります。

うちは炊飯器の横に設置しましたが、大きくて重いですが、これはもう固定位置として動かさない予定です。

置き場所がないので、これまで置いていたバイタミックスを断捨離することに…。サヨナラ( ;∀;)


また、作業工程はとても簡単ですが、トータルの調理時間そのものは圧力鍋の方が短いので、帰ってから夕食を30分で作らないといけない、といった場合には圧力鍋に軍配が上がります。

値段は初期投資費用と思って、これからしっかり使いこなせるようになりたいところです。

圧力鍋 ホットクック
調理時間 ◎ 早い 〇 だけど放置しておける
調理の簡単さ △ 加圧して圧抜きが面倒
大きさ 〇 普通の鍋 △ とにかくデカい
洗い物
値段 △ 圧力鍋に比べて高い

ざっくりまとめますとこんな感じでした。

圧力鍋にもメリットがあり、やはり早いこと。

ホットクックは仕込めば放置でいいですが(レシピによっては途中で材料追加したりするものもありますが)、トータルの調理時間は圧力鍋が早いです。

しかし、自分が作業する時間はホットクックに軍配が。

洗い物は大差なしです。

まとめ

それぞれ一長一短ありますが、しばらくはホットクックを使い倒していきたいと考えています!

個人的には、材料を切るところすら面倒だと感じているので、野菜の皮とか自動でむいてくれる機械がいつか登場してくれないかなぁと思っています。

ちなみに、圧力鍋は夫が触りもしませんでしたが、ホットクックなら頼めば作ってくれそうなので、夫にも使い方をマスターしてもらって、さらなる家事分担を目指したいと思います!

夫は鶏ももチャーシューにハマっています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。