家事

【共働き夫婦の家事分担】なんで自分ばっかり?とケンカしないために。

housework

共働きのみなさん、毎日お疲れ様です。

夫婦ともにフルタイムで長時間勤務している場合、家事ってとても負担になりますよね。

へとへとで自宅に帰った後に、家事を頑張る気になかなかなれません…。

そして、「いつも私ばっかり家事している!」「なんで夫は何もしないんだ!」と夫婦喧嘩の原因にもなりかねます。

私達夫婦も何度も何度も家事分担をめぐって衝突してきましたが

現在は試行錯誤の末、少しずつですが、家事をうまくまわす方法がわかってきたので、ご紹介したいと思います。

なぜ家事でケンカになるのか?

以前までわからなかったのですが

家事の認識に差がある

という点がケンカの一因になることが多いです。

家事と一言で言っても、実はその中には様々なタスクが組み込まれています。

例えば、ゴミ捨て一つであっても、その作業工程は以下のように分けることができます。

  1. 今日が何のゴミの日かを確認
  2. 家中のゴミ箱からゴミを1カ所にまとめ、ゴミ袋に入れる
  3. ゴミ捨て場所まで運ぶ
  4. 新しいゴミ袋をゴミ箱にセットする

以前、うちの夫は「ゴミ捨てしてるよ」と言ってましたが、夫は私がまとめたゴミをゴミ捨て場所に運ぶだけ。

それで「ゴミ捨てっていうのは全部やってゴミ捨てであって、あなたのやっていることはゴミ運びです!!」とケンカに。

洗濯もそうですよね。

  1. 洗濯物を分別
  2. 洗濯機に入れて洗剤を投入
  3. 洗い終わった洗濯物を干す
  4. 乾いた洗濯物を片付ける

特に小さな子供がいる家庭では、毎日保育園から「これでもか!」と汚れ物を持ち帰ってきます。

家事がケンカの原因になるのは、家事の配分のみならず、この認識のズレが大きな原因の1つです。

子供お風呂に入れるから、食器洗っておいて

と夫に伝えてお風呂に入ります。

…お風呂から出ると…

なんで、もう乾いてる食器片づけてないの?テーブルふいてないの?排水溝と三角コーナーも片付けてよ!!
と、やってないことだらけ!

夫は

は?食器洗ってとしか頼まれてないけど!?

なんて具合で、仕事で疲れてイライラしているのに、自宅でもイライラ…。

しかし、ある時気付きました。

夫は家事をする気がないのではなく、私の伝え方が悪いのだと。

確かに食器洗ってとしか言ってない。

自分の中では、食器洗いという家事には、

乾いた食器を片付ける→食器を洗う→排水溝と三角コーナーの掃除、テーブルを拭く→布巾を洗濯機に入れる

という工程が含まれているため、夫も当然そうしてくれると思い込んでいたのです。

「言ってくれないとわからない」と言われ、なるほど、と納得です。

なるべく、家事の作業工程を分解して共有する。

少しずつですが繰り返していき、今では夫の方が家事スキルが高いのでは?

というほどに成長して、言わなくてもやってくれるように。

ただ、夫はいればとても頼りになりますが、そもそも仕事が忙しくてほとんどいないことが最大のデメリットです。

家事分担

現在の私達夫婦の家事分担ですが、

夫:乾いた洗濯物を片付ける、料理(3割)、ゴミ捨て、お風呂掃除

私:洗濯物を干す(乾燥機にかけられないものだけ)、料理(7割)、食器洗い(食洗機に投入して片付ける)、トイレ掃除

となっています。

ある程度分担を決めていますが、どちらかが当直や出張で不在の場合は残された方のタスクが増えますので、その時は最低限のことだけやって子供が元気であればOKと思うようにしています。

無駄はなるべく省く

工程を省けるものは省けるようにしました。

まず、家電に頼れるものは頼りましょう。

平日の掃除機がけはルンバに任せて、週末に少しだけ気になるところを掃除機をかける程度としました。

ルンバは2台をフル稼働させており、平日出勤したらスケジュールタイマーで自動で掃除してもらえるようにセットしています。

注意点としてはルンバをかける際に床に物が多いとひっかかったり、うまく掃除できないので、床のものをなるべくキレイにしておきましょう。

それだけでパッと見キレイに見えますし。笑

アプリからも管理できます。


現在960シリーズを使用していますが、掃除した箇所が見えるのがなかなか気持ちいいです。こんな感じでスマホアプリで見れます。↓

ルンバ

ブラーバも床がサラサラになって超おススメです。

掃除ロボット
【共働き家事】もう雑巾がけはしない!ブラーバにお任せしましょう。共働き、育児をしていると毎日本当に時間がない…。 家事がうまくまわらないと、夫婦喧嘩の原因にもなってしまいます。 https...

食器洗いは、食洗機で対応可能であれば全部食洗機につっこみましょう。

最近ビルトインの食洗器にしたらいまいち汚れ落ちが悪いため、現在試行錯誤していますので解決方法がわかりましたら記事にしたいと思います。

洗濯は乾燥できるものはそのまま乾燥機にかけましょう。

タオルや靴下などは基本的に乾燥機にかけています。

他、子供服もどうせすぐに汚れてしまい悪くなるため、乾燥機に一気にかける場合も。

縮んだら悲しい服はきちんと干しましょう。また、手入れが大変な洋服をそもそも買わないことも重要です。

ドラム式洗濯機があればベストですよね。

2020年4月、とうとう縦型洗濯機からドラム式洗濯機へ移行!

https://obgy-joy.com/front-loader-washing-machine

ほとんど乾燥機にかけられるので、かなり時短に!

もっと早く買えばよかった~。

さらに、洗濯物をなるべくたたまないように、洗濯物を干す場所の横に家族みんなの洋服をしまうスペースを作りました。

なるべく動線は短い方が良いため、この方法はおススメです。

そして、たたまなくて良い服はハンガーのままかけて収納、パジャマや下着等はそれぞれのボックスに放り込むだけにしました。

なるべく溜めない、しかし疲れているときは妥協する

仕事と同じく、家事も溜めると処理に時間がかかり、やる気が起きなくなります。

なるべく、普段の生活の中で流れ作業的に行うことがベストですが、疲労困憊で家事ができない時は優先順位を考えて最低限の家事のみとし、体を休めることに重点を置いています。

しかし、家を快適にすることは精神衛生上重要なので

どうにかこうにかやることを減らせるように模索しています。

まとめ

家事をまわすポイント

  • 夫婦で家事の作業工程を見える化し、話し合う
  • 時短家電を駆使、家事動線をなるべく短く無駄を省く
  • 家事はなるべく溜めず、しかし疲れたら妥協する

ただ、居心地よい自宅を作ることで心身ともにリラックスでき、仕事へもプラスになりますよね。

夫婦で協力して家事は時短、効率化を目指し頑張りましょう!