読書

【マインドセット】自己啓発の教科書!7つの習慣

朝日

先日、タスク管理、スケジュール管理において

時間管理マトリックスの重要性についてまとめました。

To do list
【7つの習慣】時間管理マトリックスを制する者は、人生を制する。人生最適化を目指す上では、エッセンシャル思考は欠かせない考え方です。 常に「今、何が重要なのか」考える必要があります。 具体...

その際にご紹介した「7つの習慣」という本について

内容を簡単にまとめておきたいと思います。

ビジネス書、自己啓発書として超有名な本ですが

これまで様々読んだ本の内容が網羅されているな、という印象でした。

割と具体的に書いてあるため、これ1冊を読み込むことでも随分具体的な行動が変わりそうな気がします。

この本はこんな人におススメ

人生で成功したい人

むしろ、失敗したい人とかいないですよね笑

ということで、ビジネスマンだけでなく全ての人におススメできると感じました。

この本は、人生で成功すること=人格主義であり、人格を磨くための具体的な習慣(行動指針・思考指針)が示されています。

具体的な7つの習慣はこちら。

  1. 主体的である
  2. 終わりを思い描くことからはじめる
  3. 最優先事項を優先する
  4. Win-Winを考える
  5. まず理解に徹し、そして理解される
  6. シナジーを創り出す
  7. 刃を研ぐ

なんかちょっと意味不明な言葉もあるので、少し掘り下げておきます。

主体的である

自分の人生を他人任せにしていませんか?

と問われます。

何かが起こった時、何かをやるとき

他人や環境のせいにしている暇があったら、自分でコントロールできることを全力でやっていこう、と説かれています。

ある意味、反応しない練習の内容とも重複します。

反応しない
【マインドセット】反応しない練習 とりあえずなんでも反応しすぎ説。毎日毎日、仕事・家事・育児で目まぐるしく、テレビでは暗いニュースばかりで気が滅入りがちな世の中。 本日は、そんな中で悩みを吹き飛ば...

確かにうまくいかないことがあった時など特にですが

他人や環境のせいにするのって簡単ですよね。

その方が自分が楽なので。自分にも非常に思い当たる節があります。

ただ、その環境を選んだのも自分ですし

もっと自分の行動に責任を持って生きよう、というメッセージを感じました。

終わりを思い描くことからはじめる

人生の目標、ゴールを思い描くことからはじめましょう。

目標やゴールがないと、どこに向かっていいのか迷子になってしまいます。

例えば、学生の頃は、

  • 部活を一生懸命やって●●の大会で優勝したい

とか目標を持っていたのに

大人になると目標を持たないままなんとなく生活していました。

日々生きるのが精いっぱい。

周囲の方を見渡してみても、明確なビジョンを持って仕事に取り組んでいる方って意外と少ないような気がします。

私自身も、人生の目標なんですか?と聞かれても

今はちょっと即答できないような状態です。

どうなりたいか、自分のビジョンを持たないと

そこにたどりつくための道のりを具体的に計画することが出来ません。

なので、人生の目標を持つ、というのは本当に重要なことだなぁと感じています。

家計管理、資産運用でも同じ

これは人生とか仕事とかだけでなく、

家計管理や資産運用でも目標設定は非常に重要だと感じています。

例えば、「子どもの教育資金と自分達の老後資金を作る」という目標を立てていたても

それだけでなく、「20〇〇年に●●円ためておく」とか、具体的な目標を設定しないと、

実際の毎月の家計管理や、投資にまわす金額など、戦略を練ることができません。

なので、「具体的に目標を設定する」って何においても本当に重要だと感じます。

最優先事項を優先する

これはまさにエッセンシャル思考そのものです。

  • あれもこれもやるのではなく、重要なことを優先してやる!
  • 重要ではないことは、捨てることも必要。

共働きで子育てもしていると、

全部完璧にやろうと思うと時間がいくらあっても足りません。

なので、やらない家事を決める、とか、やらない仕事を決める

ことで、パフォーマンスを向上させる必要があります。

エッセンシャル
【マインドセット】エッセンシャル思考で生きる毎日、仕事、家事、育児で精一杯なのに、全てが中途半端になっているようで 何をやってもなんとなくうまくいかない… ここ数年、ず...

Win-Winを考える

常に勝者、敗者が生まれるような認識を捨てましょう。

Win-Winのパラダイムは、人生を競争の場ではなく、協力の場と捉えることになります。

これってすごく難しくないでしょうか…。

これまでの教育でも

  • 勉強ができる、できない
  • 運動ができる、できない

とか他者から評価されてきましたし

社会人になってからも

  • この人は仕事ができる、それに比べてあの人は仕事ができない

とか、とにかく何でもかんでも2つに分けられていたように感じます。

人は分断本能を持っているのである意味仕方ないと思うのですが、

この、Win-Winの難しさは「自分だけでなく、相手も同じ方向性を持っていないと成り立たない」点かと感じました。

まず理解に徹し、そして理解される

Win-Winの関係を築くために、傾聴スキルが重要です。

例えば人に相談されたときなどに、自分の視点から質問したり、助言したりしがちになることって多いですよね。

ただ、そうすると相手は理解されたと感じられなくなってしまい、結果として自分のことが相手に理解されることもなくなってしまいます。

これは特に、夫婦、親子でも特に一方的なコミュニケーションになってしまうことも多いので、傾聴するって簡単なようで難しいなぁと感じました。

シナジーを創り出す

シナジーってなんやねん、という感じでしたが

2つ以上のものが相互に作用し合い、1つの効果や機能を高めることになります。

互いの違いを尊重できることが、シナジーの本質、とも述べられていますが

正直このレベルに達することって出来るかなぁという感じでした。

シナジーを創り出すためには、まず一個人が自立していないといけません。

刃を研ぐ

これまでの他の6つの習慣を果たすために最も重要な「自分自身」の価値を維持し高めていくための習慣です。

抽象的ですが、具体的には、自分をつくっている

四つの側面(肉体、精神、知性、社会・情緒)を磨き続けよう、という話です。

目に見えない資産、無形資産の部分の積み上げにも該当します。

無形資産についてはLIFE SHIFTで述べています。

空
【マインドセット】LIFE SHIFT -100年時代の人生戦略- 人生観変わります。価値観やものの見方が大きく変わったおススメ本、 LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略 について書き記しておきます。 ...

まず自分→次に他人との関わり

この本は

  1. まず習慣1~3で自分自身が自立し、成功する習慣をつけ
  2. 次に4~6で他者と一緒に成功していくスキルを創り出す
  3. 最後に、自分磨きを続ける!

という構成になっています。

おもしろいのは、自分磨きが最初に来ないところ。

刃を研ぐ=自分磨きってまず何よりも先に優先されることのように感じますが

それよりも必要なのは

  1. 主体的である
  2. 終わりを思い描くことからはじめる
  3. 最優先事項を優先する

の習慣を身につけることになります。

個人的には、4~6の習慣は自分だけではコントロールできない部分が多いにかかわってくるため、

1~3を徹底して7を続けながら

余裕が出てきたら4~6につなげていくっていう順序がいいかな、と感じました。

まとめ

日々の生活の中で、時間に追われてついつい主体性や目標を見失いがちで、優先事項の決定も簡単ではないものばかりですが

この本のタイトルにあるように習慣として身につけていくことができれば

人生まだまだ好転していくチャンスはあるのかな、と感じました。