自分力向上

【7つの習慣】時間管理マトリックスを制する者は、人生を制する。

To do list

人生最適化を目指す上では、エッセンシャル思考は欠かせない考え方です。

常に「今、何が重要なのか」考える必要があります。

具体的には、リストアップ、To do listを作り

  • 今すぐやるべきこと
  • 今すぐ必要ないけど重要なこと
  • この先やりたいこと

書きだしたら、今すぐやるべきことから、優先順位をつけて順番に片付けていきます。

エッセンシャル
【マインドセット】エッセンシャル思考で生きる毎日、仕事、家事、育児で精一杯なのに、全てが中途半端になっているようで 何をやってもなんとなくうまくいかない… ここ数年、ず...

先日からGood Notes5を使って手帳をつけ、To do listを作っていましたが

やっぱり時間が足りなくて、結局できなくて一日終了…なんて毎日を繰り返していました。

日記
【共働き仕事効率化】Good Notes5で手書きして頭の中を整理!共働きで家事、育児、仕事を効率よくこなすためには 自分自身と、パートナー、そして子ども達の予定をしっかり把握し、共有しておく必要が...

なぜ出来なくて時間切れしてしまうのか?

それは、To do listを作っても、優先順位がうまくつけられないためでした。

そんな悩みを解消してくれたのが、こちらの本です。

7つの習慣

この本はビジネス書として有名ですが、人生哲学に通じる本です。

この7つの習慣の内の1つに

最優先事項を優先する

という項目があります。

まさにエッセンシャル思考に通じる考えです。

時間管理マトリックス

この最優先事項を優先するために、優先事項をつける作業が必要になりますが、それが難しい。

で、それを解決するのがこの方法です。

自分自身の生活における時間を、重要性、緊急性で分類していきます。

時間マトリクス

※7つの習慣から引用

なるほど…

To do listを作って満足していましたが

この作ったlistを分類して優先順位をつける、または切り捨てるものを決めていけば良さそうです。

第一領域 重要性、緊急性が高い

この部分に分類されるものは最も優先されるべきものです。

病気、事故、災害など突発的で予想できないものもここに含まれていますが

個人的にはこの第一領域として思い浮かんだものは

家事、育児

です。

子どもの食事の準備や保育園、学校の準備。

子どもに関わることは大部分が第一領域に分類されるように感じます。

さらに衣食住を整える家事。

自分としての問題点は、この時間でほとんど使ってしまっていること。

家事、育児に関しては、やらないという選択肢がない。

なので、家事育児の中も、さらに4分類に細分化していって、そぎ落とせるものを切り捨てていかないと、なかなか時間は捻出できないように感じました。

第二領域 重要性が高いが、緊急性は低い

この部分は、ある意味将来への投資といいますか

いわゆる無形資産、として積み上げるべき項目であり

すぐに成果はでないものですが、人生を豊かに生きるためには最重要といってもいい領域です。

無形資産はライフシフトのところで詳しく書いていますのでよろしければ読んでみてください。

空
【マインドセット】LIFE SHIFT -100年時代の人生戦略- 人生観変わります。価値観やものの見方が大きく変わったおススメ本、 LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略 について書き記しておきます。 ...

なるべく、この第二領域に時間を割きたい。

自己投資の時間です。

第一領域をこなしたら、この第二領域を優先的に処理していくのが時間効率が良さそうです。

自分としてはブログを書く時間、本を読む時間、論文を読む時間、本業の勉強をする時間、運動する時間などでしょうか。

ここをやる予定を立てていくのが重要なポイントになってくると思います。

第三領域 重要性は低いが、緊急性は高い

この第三領域は最も厄介といいますか、

仕事の大半がこれで占められているような領域です。

この部分は錯覚の領域とも言えますが

なんとなく目に見えて成果になりやすかったりするのでついつい時間と労力を費やしがち…

というか少し前まで私はこの領域に時間と労力をかけすぎていました。

無駄な会議、書類関係、無意味な飲み会、接待などの付き合い…

仕事なのでしょうがない…と思考停止でこなしているものばかりでしたが

よ~く吟味してみると

実は慣例でやっているだけで全く必要なかったりするものも含まれています。

なので、

  • この第三領域に含まれているものを根本的に見直すこと
  • 本当に自分でやらなくてはいけないものかを考える

という作業も重要になってくると思います。

出来るものは自動化したり、外注したり。

飲み会や接待など断ると、付き合いが悪い、とか言われるかもしれませんが

自分の大切な時間をそれに奪われてしまうことを考えると

少しぐらい付き合いが悪いと言われても第二領域に時間を使いたいです。

第四領域 重要性、緊急性ともに低い

これらは即刻排除すべき、というか、もうこれに使う時間なんて残されていないのが共働きで子育てをしている方の状態なのではないでしょうか。

しかし、子ども達は遊びの中で様々学んで成長していくため

私にとって第四領域であるものが、子ども達にとっては第二領域である可能性があるという点が悩ましいです。

時間がない中で、シャボン玉をしたい、水風船をしたい…

ここホントに難しいなと感じます…。

まとめ

とにかくTo do listを作るだけで満足するのではなく、

正しい優先順位を決定しながら第二領域の時間を増やすべく、活動していきたいと思います。

おまけ

あと論文を書く、という作業が第二に入るのか第三に入るのか

分類が難しいと感じました…。