仕事効率化

【論文作成】おススメツール紹介!3種の神器。

仕事

論文作成って手間も時間もかかりますよね。

忙しい臨床業務とプライベートの中でうまく時間を捻出して

効率的に書きたいところです。

今回は論文を作る際に使用する、おススメツール3選を紹介します!

書き慣れている方はすでにご存じのものばかりかもしれませんが

これから書く若手の先生に参考になれば嬉しいです。

Endnote

これは文献管理ソフトとして秀逸です。

公式HPはこちら

このソフト1つで、文献管理が可能です。

Pubmedや医中誌から直接データをインポートすることが出来ますし

WordやPower pointへそのデータを簡単に引用することが出来ますので

学会発表でのスライド作りにも役立ちます。

このソフトがないと手作業で文献管理することになるため、必ずゲットしておくことが望ましいです。

初期投資することになりますが、時間効率が大幅アップします。

6万弱するので高いんですよね…。

研究費などで買えればいいですよね。▶公式HP こちらから購入可能です

DeepL翻訳

これ、無料で使える翻訳ツールです。▶DeepL

ホントに無料でいいの?ってレベルです。

翻訳はGoogle翻訳はじめ、Weblioとかオンラインツールで様々あるものを駆使していましたが、このツールは翻訳がスマートです。

もちろん、完全にそのまま使えるレベルではないこともあるので

投稿前に英文校正に提出することは必須ですが

作成段階ではホントに便利です。

参考文献などを論文を読む際にも、わかりにくいいいまわしとか翻訳すると読みやすくなります。

英語が出来る方は必要ないかもしれませんが、私みたいな凡人が論文を書く際には非常に便利!

Xmind

これはMind Meisterというオンラインで使えるツールのアプリ版です。

Webだと5個までしか無料で使えないのですが、アプリ版のXmindは無料で無限に使えます。

マインドマップは、頭の中にある思考や考えなどを視覚化でき、情報を整理できるのです。

Xmind

例えば、今回のブログ記事を書く時のメモを上記のように記してみましたが

こんな感じで情報を整理していくのに非常に便利です。

メモとしても使えますし、ちょっとしたプレゼンにも使えるツールだと思います。

やみくもに論文を書き始めるのではなく、まず視覚化して情報整理をし、ゴールを見据えるのは重要です。

まとめ

今はオンラインで無料で使えるツールで有用なものがたくさんあります。

有効活用して、効率的に論文作成していきましょう!

また、作成した論文の投稿先を選ぶ際にも、無料ツールが大活躍です!

PC
【論文作成】最適な投稿先を選ぼう!投稿ジャーナルの選び方医学論文を作成した後、どのジャーナルに投稿するかどうか迷いますよね。 はじめから目標とするジャーナルを決めて論文作成する場合もある...